埼玉県の嵐山渓谷の紅葉を紹介

岩畳の清流に映る紅葉が美しい。

そんな、埼玉での紅葉場所を紹介します。

 

嵐山渓谷です。

半島状の特徴的な地形がまた美しく、それも見所です。

観光協会やasoviewでも詳しく紹介されています。

 

埼玉県を代表する景勝地のひとつ、「嵐山渓谷」は、岩畳と槻川の清流・周囲の木々が織り成すみごとな景観と自然環境を持った、嵐山町の宝です。

槻川は、外秩父山地の堂平山に端を発し、東秩父の山間を抜け、小川町を経て嵐山町の遠山地区に流れ込みます。ここで岩場によって流路を狭められ、都幾川と合流する二瀬の手前までがみごとな渓流となっています。特に大平山から伸びた細原と呼ばれるところでは、流路が大きく180度転じて半島状の独特な地形をつくりだしています。

(嵐山観光協会より) 嵐山渓谷の概要

 

桜に負けじと紅葉も綺麗!埼玉県「大宮公園」へ秋を満喫しに行こう!

さいたま市「大宮公園」の魅力

埼玉県の大宮公園には約1000本の桜の木を始めとして、モミジやイチョウなど紅葉が美しい樹木がたくさんあります。総敷地面積67.8haというとてつもなく広い都市公園だけに、それらの樹木が紅葉した景色は素晴らしいものがあります。広大な迫力だけでなく、日本庭園の水辺で眺めるモミジは静かな雰囲気で風情豊か。黄色一色となったイチョウの木も見どころの1つです。
大宮公園の紅葉、見頃の時期は?

大宮公園の紅葉は11月の上旬から12月の上旬の晩秋の時期が見頃となっており、絶頂期には地元のさいたま市民だけでなく、県外からもたくさんの観光客が紅葉を楽しみに訪れています。施設利用が目的でなければ誰でもいつでも無料で迫力の紅葉を体感できるオススメスポットです。

http://www.asoview.com/article/area/are0110200/3362/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ